ドローン 教室 サークル の練習場所は川崎にも実はある。

ドローン スクール サークル

ドローン の操縦方法など教える ドローンスクール が急増しているのはご存知でしょうか。

講習内容や講習時間などが一定の要件を満たすとして、国土交通省航空局が公表している「講習団体」は、2020年4月時点で全国で735団体にのぼります。

2017年の初公表された43団体と比較すると、わずか3年間で17倍に急増しました。

スクール増加の要因は、ドローンの利用拡大によって操縦士の需要も増えると予想されているからのようです。

「ドローン操縦できたらカッコいいな」
「将来的にドローンを使った仕事に就こう」などなど

スクールに通う動機は様々ですが、講習料がネックで結局諦めてしまうことも多いようです。

多くのスクールが2~4日間で20万~40万円程度かかります。

初心者向けコースは1万~2万円程度ですが、座学がメインです。

2022年には自動車免許のようなライセンス制度が創設予定ですが、料金の敷居が高いとなかなか集客には手こずるのではないでしょうか。

スクール を 開講 するにしても練習場所の制約が大きくなります。

立地や土地代、テナント料など固定費にかかる費用がスクールの料金に直結していきます。

そこでオススメするのが レンタルスタジオ です。

立地のよい レンタルスタジオ であれば 低価格 で 練習場所 が確保ができる上に、通いやすさの面でも集客につながります。

また、備品の充実したレンタルスタジオであれば、備品を障害物と見立てたコースも設置することができます。

そして今回ドローンのスクールやサークルにオススメするのが 川崎 です。

何故、川崎なのか。川崎にドローンが可能なスタジオがあるのか。

そんなことを少しだけご紹介いたします。

川崎は住みやすく2駅4路線でアクセスも良い

ドローン スクールには川崎がオススメ

川崎レンタススタジオ 貸しスタジオ アクセス

神奈川県 川崎市 にどんなイメージをお持ちでしょうか。

「工業地帯で治安も悪い」
「常に喧騒にまみれて静けさがない」

そんなイメージをお持ちであれば捨てて下さい。
今や川崎のイメージは、

「利便性は高いし地価は安い。大型ショッピングモールもあって、メリットがたくさん」と感じる若い世代が増加し、人口も増えています。

人口は153万人を超え、全国政令指定都市のなかでは6位となっています。今後も増加が見込まれ、飛ぶ鳥を落とす勢いといえるでしょう。

子育て事業にも力を入れているので、今後、子ども向けのドローン教室や体験会などを開くには絶好のエリアといえます。

また、都心からのアクセスの良さも川崎の魅力です。

川崎の中心である 川崎駅 には「JR川崎駅」と「京浜急行川崎駅」の2つの駅で構成されています。

京急線 でも JR東海道線 でも 品川駅 まで10分、 東京駅 までは 東海道線 で19分と都心へのアクセスが抜群に良いのが川崎です。

海外へのアクセスも良く、京浜急行を使えば 羽田空港国際線ターミナル まで14分で到着できます。

多摩川河口の殿町地区でも、新しい開発事業が進み、21年には対岸の羽田空港との間を結ぶ橋が完成する予定であり、国際戦略拠点へと変貌していくことでしょう。

「東海道線」「京浜東北線」「南武線」の3線が通っているので川崎周辺からアクセスも良く、蒲田 鶴見 横浜 戸塚 尻手 矢向 武蔵小杉など多くの周辺エリアから人が集まります。

ドローンスクールを開講するにもアクセスの良さは集客につながりますし、サークルの場合でも皆が集まりやすい利点があるといえます。

 

川崎はイベントも豊富でブランドの出店も続々。

川崎 Apple Store

2019年12月にラゾーナ川崎プラザ内に国内10番目のApple  Storeがオープンしました。

神奈川県では初の出店となります。

「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ」は2006年にオープンした「ららぽーと」と同系列のショッピングモールです。

名前が違う理由は当時の川崎市長阿部孝夫氏が「他にもある名前だと目立たない。川崎にしか無い名前を」というところから独自の名前がつきました。

「ラゾーナ川崎」の最大の特徴は「ルーファ広場」というJR川崎駅の通路から延長線上にある広場です。朝は保育園やビジネスマンの通り道でもあり、日中は老若男女が過ごす憩いの場となっています。

東京と神奈川をつなぐ川崎はアクセスも良く。さらに「ラゾーナ川崎プラザ」によってファミリー層の滞留もあり、Apple Storeを出店するには絶好のエリアであったのでしょう。

また、川崎はドローンのイベントも開催しています。

富士通スタジアム川崎では「DRONE IMPACT CHALLENGE RACING SCHOOL」というドローンレースのイベントが開催されました。多くの子どもたちが参加し大盛況のうちに幕を閉じました。

Apple storeやドローンイベントなど新しい時代へ向けて様々な要素を持つ川崎は、ドローンのサークルやスクールを開催するには絶好のエリアともいえるでしょう。

 

そんな川崎でドローンが練習できるレンタルスタジオ 川崎ShowBuzz

アクセスも良く、商業施設もあり利便性が高い川崎にドローンの練習場所としてご利用ができるレンタルスタジオがあります。

JR川崎駅から徒歩7分。京急川崎駅 から徒歩8分にある貸しスタジオ 川崎ShowBuzz スタジオです。

一般的なダンススタジオとは一線を画すステージショーを彷彿させる内装となっています。

黒と茶色のレンガ調は川崎のエンターテイメントの街「ラ チッタデッラ」を想起させます。

シアターの一幕を連想させる真紅のカーテンにより、宣材写真やインスタ映えする撮影も可能です。

ドローンスクール、サークルなどにご利用できる映画さながらの環境が整っています。

川崎 レンタルスタジオ,ダンススタジオ,貸しスタジオ, ドローン

川崎レンタルダンススタジオ 貸しダンススタジオ 神奈川県 川崎市 川崎駅

 

総面積86.4㎡の広さで ドローン を縦横無尽に動かせる

川崎 レンタルスタジオ 図面,川崎 レンタルスタジオ 広い 面積

川崎 ダンススタジオ 総面積 86.4 ㎡
ダンスフロア 面積 60.3 ㎡
天井高 2.7 m
ダンス用 床
待合室 ・ 更衣室 あり

ドローンを縦横無尽に動かせる広さがありますので、初心者向けの体験会やスクールでもご利用いただけます。

天高も2.7Mあり、上下の操作も可能です。ドローンレースをサークルで開催することもできますね。

 

練習場所を低価格で確保できる

「まずは屋内でドローンの体験会とスクールを始めたいな」
「ドローンレース用のコースが設置できる場所ないかな」などなど

まずはレンタルスタジオで試してみてはいかがでしょうか。

川崎ShowBuzzスタジオは定期メンバー制のスタジオで、低価格で毎週同時間帯をご利用いただけます。

例えば日曜日の夜にドローンのサークル活動をする場合(20:00~22:00の2時間で2,000円)、

¥9,504=¥2,000×4週×設備維持費×消費税

¥9,504で日曜日の夜にサークルで集まる事が可能です。

平日の昼間にドローンスクールをする場合(12:00~14:00の2時間で3600円)

¥17,107=¥3,600×4週×設備維持費×消費税

¥17,107平日の昼間にドローンスクールを開催することもできます。

定期契約のお客様は他の日時で単発利用も可能です。川崎ShowBuzzスタジオだけでなく、弊社が運営する首都圏52箇所のレンタルスタジオを単発利用が可能ですので、体験会などにぜひご検討下さい。

ドローン スクール サークルをするなら川崎ShowBuzzスタジオ

川崎 近郊でドローンの教室、サークルが出来る練習場所をお探しの方は 川崎ShowBuzzスタジオをご検討下さい。
低価格で練習場所が確保できて、レースコースも工夫次第で実現できます。
川崎はJRと京急線からのアクセスもあり通いやすい立地です。
サークルで集まるのもスクールで集客するのも申し分のないエリアです。
ご質問やご内見はお気軽にお問い合わせ下さい。

川崎 レンタルスタジオ Show Buzz お問い合わせ

川崎レンタルスタジオのトップページ

Print Friendly, PDF & Email